2018年06月23日

全粒粉クッキー

クッキー.JPG


農家の方に分けていただいた無農薬の麦を梢庵で挽いて
たくさんクッキーにしました。

イベントでご提供するための特別型抜きクッキーです。
ちょっと黒いかなー、くらいしっかり焼くことで
麦の香ばしさが引き立ちます。

ケーキも作ります。まだまだ体力必要です!
暑いですからね。水分を摂りながら頑張ります。
posted by cozue at 15:29| 材料

2018年06月18日

ブラックベリーの前はレッドベリー

20180617ブラックベリー.jpg


あと1ヶ月でベリー系が華やかな季節です。
少しずつブルーベリーが紫色に色づき始め、ブラックベリーも
ほんの少し熟していました。

真っ黒になるとすぐに落ちてしまうので収穫は日々忙しくなります。
まず赤くなって黒になるのは珍しいですね。

マダム頼む!

すぐに参ります!
posted by cozue at 03:10| 風景

2018年06月11日

2018年 麦秋

麦-1.jpg


梅雨の直前の晴れた日に麦を刈る
この時期を麦秋と言います。

刈るタイミングが難しいのですって。
梅雨に入りきってしまうと麦がだめになってしまう。

梢庵は、朝倉の無農薬の小麦の全粒粉を使用しています。

せっかくの無農薬ですから丸ごと味わっていただきたくて
玄麦で分けていただいています。
玄麦を梢庵の石臼で挽いて全粒粉にします。

力強く香りのよい、何より鮮度のいい小麦粉を使用し、
食感と味のバランスを考えてレシピを作っています。
オリジナルクッキーやレーズンウィッチ、マフィンに使用しています。


麦-2.jpg

挽く前に麦わらなどを取り除く作業を行います。
ちょうど珈琲豆の選別のように一つ一つ精選をします。
2度ふるいをかける作業を一人でを行います。

粉を挽いた後は3日ほど置いてお菓子にします。
お菓子を作る際にもふるいにかけ
大きすぎる表皮は歯ざわりが悪くなるため取り除きます。

実はトップの写真の麦の穂は、冬に灯油をお願いしている米穀店
のご高齢のご主人が先ほどに届けてくださったものです。

わざわざお得意先を回って夏の前には麦を、
秋には稲穂をお正月前にはカレンダーを届けてくださいます。
ありがたい限りです。
こちらからご挨拶に行かなきゃ。
posted by cozue at 02:10| 材料