2019年11月07日

生アールグレイの香り

ベルガモット.JPG


アールグレイは通常ベルガモットの香料がつけられた紅茶です。
様々な種類が発売されていますよね。
店主のお気に入りはマリアージュフレールの「アールグレイインペリアル」です。
銀座オープン当初から飲んでいます。

その後クスミティの燻製「スモーキーアールグレイ」に出会い虜になりました。
この二つしかアールグレイは認めぬというがんこな博多っ子でした。

ところが、宗像っ子になってはじめて生のアールグレイを飲み、
“生もあり“と思うに至りました。

柑橘の何が大切って、それは皮の香りです。
果汁の香りの何倍も強烈な個性を発揮してくれますよね。

日本料理の先生は「ゆずの果汁なんて白ネギの青いところと同じだ」
という意味のことをおっしゃっていましたっけ。

話は戻って、生のアールグレイ。
佐賀ではベルガモットが栽培されているということで、生の果実を手に入れ
皮をそのまま入れてみました。おそらく香りの抽出も早そうでそのままつけて
おくとえぐくなりそうなため紅茶抽出と同じ時間浸しました。
結果、正解!

えぐみなくさわやかな柑橘、レモンティのような酸味もなくただ香りだけ。
味は紅茶。
ただ、これをアールグレイといっていいのかな。
香料としてのベルガモットに馴染んでしまった脳がベルガモットの
生の皮はから”アールグレイ紅茶”に変換してくれないのです。
この紅茶のタイトル「生アールグレイ」と呼び、別物として楽しみます。

最近、国産レモンの収穫を待たずに秋に青レモンと称するものがスーパーで見かけます。
これはレモン特有の香りがしません。

ですが、皮を浸すと「生アールグレイ」に近い香りが楽しめます。
もちろん「レモンティ」として輪切りにしても美味。
果汁もやはりレモンの個性はまだで柑橘、シトラスというざっくりした印象のみです。
でもそれはそれでよいのです。
どんな茶葉に合わせるかが楽しい悩みどころです。個性はあなたが与えればいい。

生のベルガモットや国産の青レモンに似合う茶葉としては、渋みを抑えて
華やかな香りのディンブラなんかいかがでしょう。

(紅茶ポットの写真が行方不明になり掲載できませんでした。)
posted by cozue at 21:55| 材料