2020年03月18日

パン工房暁さん閉店 当たりを失うことについて

いつも電話を入れ名前を告げるだけで、
パンドミー4枚切りを予約できていた
『パン工房暁』さんが2020年3月10日閉店なさいました。

12年間ありがとうございました。

居住や長期滞在先の海外、勤務先の近くには
必ず美味しいパン屋さんを見つけて
通ったものですが、パン工房暁さんのパンドミーは
わたくしの知る限り最高でした。

トーストが身上。山形の耳に表面の気泡は大きく弾力強め。

耳がザクザクしてカリッとした中は
ほかほかもっちちりしっとり。
小麦の香りが立ちのぼります。
切れ目を入れて無塩バターを乗せ、
焼けた後、溶けたバターの上にさらに
バターひとかけと粗挽きの岩塩をふりかけます。

分厚くなくては中と外の食感の
コントラストは発揮されません。

流行りの生食パンには目もくれず、
食パンは”暁のパンドミー”、
サンドイッチは”暁の角食パン”
と決めていました。

身勝手な絶対の美味しさの要求でした。

いつでもあるわけではないこと、
今日できたことは明日できなくなっているかも
しれないということをコロナウィルス関連で
世の中の当たり前が消えいっている今、
身を以て実感しました。

どうして、冷凍まで食べきってから
買いにいこうとしていたのか。悔やまれます。
いつでも食べられるものとタカを
くくっていました。

奥様の姿が年明けから見えないことが多く
気になっていました。

どんなご事情かわかりませんが、
きっとご主人は、
開店と閉店の大きく違う現実の境の汽水域の時期に、
今日も作れた、明日大丈夫かと、
当たり前を失うことを気にしながら
わたしたちに当たり前を装い、
当たり前の安心を提供くださっていました。

どうしても感謝の気持ちを伝えたくなり
ブログをしたためました。

折しも本日、オーブンなどの機器類を
運び出すところに遭遇しました。
スーパーに行っても代用の
パンを買う気になりませんでした。

しばらくモーニングルーティンは
定まりそうにありません。




【日記の最新記事】
posted by cozue at 14:42| 日記