2013年10月17日

二つのマーマレード


イタリアと日本、2つのマーマレードジャムをいただきました。
両方とも前から好きだったものです。

ひとつは、

井上誠耕園「みかんジャム」

R0012894.JPG


オリーブオイル入りのめずらいいジャムです。

どんな意味があるのかよくわからなかったのですが、
バターやマーガリンにジャムを合わせて食べるような二度塗る手間がないというのです。

まさか!!!

それはないです。だって塩入っていませんもの。

でも、美味しいから意図は気にしません。

R0012910.JPG


みかんのさわやかな味。

ゆるいテクスチャーがとてもパンに塗りやすいです。

オリーブオイルの香りは特に気になりません。

もう一つは、

カイーノ「オレンジマーマレード」
イタリアのトスカーナ州の有名なレストラン「DA CAINO」のオーナーが作るジャム。

R0012895.JPG


お庭の果物だけを使った手づくり。
レストランのキッチンで銅鍋で作るそうです。

ラベルの内容表記が手書きというのもいかにも手づくりってかんじいいです。

R0012896.JPG


だからこんなに真っ黒になるまで煮詰めることができるのですね。
人がずっと見張ってないとできません。

味は苦みが強く皮もふさもゴロっと入っています。

バターと合わせるなら、岩塩入り脂肪分の高いフランス産が合うと思います。
やったことありませんが。。。

他の果物も美味しいのですが、私はこれが一番好きです。

こちらを使ったチキンのタイムとマーマレード焼きを作りました。
料理用ではないかと思うほど肉にピッタリ合います。
後のブログでご紹介しますね。
posted by cozue at 23:23| Comment(0) | 料理メモ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]