2019年07月15日

紅茶を淹れるならHARIOがおすすめの理由

以前の記事でご紹介しました年季ものの「HARIO」のティーポット。
進化したポットがあまりにも優秀でかわいいのでご紹介させてください。

B558228F-6DA6-4A84-940E-FF232F32887B.JPG

こちら三姉妹。右から我が家のおそらく1960年くらいのもの。ガタはなく現役です。
そして、「ジャンピングポット」、「ティーバック専用」のいずれも1〜2杯分。
色は伝統の赤を選びましたが、新しいものは明るくなっています。


本日は”ティーバック専用ポット”「ティーハット」(写真左端)をご紹介いたします。
ティーバック専用というのはいいなと思いました。
みなさんお茶を出したティーバックをどこに置いていますか?
マグカップにそのまま入れて飲む、お菓子のお皿に置く。
ティッシュの上に置く。どれも収まりが悪いですよね。

ティーバックをお湯に浸す時間は1分から2分程度がほとんどです。
タイミングを逸すると渋くなりすぎますよね。
このポットは、ティーバックをさっと引き上げられ、
そのまま留めておける優れものです。



5BAD5D35-1F88-4ED9-8D24-CAA061ACBEB6.JPG

90度のお湯にティーバックを入れると気持ち良さそうに浮かんでいます。





407F5812-0853-491F-8CEF-724D52B4B2F7.JPG

1分後、ひもを引き上げます。ティーバックは落ちてきません。




7AB26FFF-591D-4719-83E4-2B68CD0AA5DC.jpg

そしてこちらの写真、ポットの中央あたりをご覧ください。白い四角が見えますか。
これが1杯分(150ml)の目安なのです。こんなにミニマムなデザインに優しい心遣い。
洗いやすく、食洗機にも対応しています。

ピッチャーや花器として使用しても美しい丸み。

E62F4892-B05D-476F-9B4A-F0CAA7183083.JPG

茶葉を入れて,もいいですね。ジャンピングもしました。
ティーバックひものすきまが気になる場合はなにかで覆います。

小さな茶葉は、茶こしは特にいらないと思われます。

●「ティーハット」300ml \1,500
●「ジャンピングティーサーバー」350ml \1,800

色は赤の他に緑、白があります。

HARIO公式ティーポットページ
posted by cozue at 21:56| モノ

2018年12月26日

n100 百年のカシミヤ

9179ACAB-996A-47E6-B6EE-529DA08A4AC9.JPG


8年ほど前に『n100』のストールとボーダーのニットを買い求めました。
大切にしていました。

ところが、去年の春先にクリーニングに出すため
何日かタンスから出しておいたところ
虫に食い散らかされました。

1箇所穴が空くというものではなく、
破れ加工なの?パンクなの?と言われかねない酷い有様でした。

お世話になっているかけつぎの職人さんに駆け込みました。
セーターがもう一枚買える値段でした。
しかし、金額に躊躇していられません。

『n100』というブランドはもうないのです。

100年着て欲しいとの願いがこもったカシミヤは
100年も売ってくれないのです。

自分でお手入れしなくては100年は着られないのです。

ブランドの意志を引き継ぐ思いでストールとセーターを大切に
していこうと思います。

温かい日にタンスから出すといいものから虫は食べていきます。
みなさまもお気をつけてください。
posted by cozue at 18:59| モノ

2016年03月25日

Made in TSUBAME

R0013689.jpg


3度目にしてやっと「CoCo壱番屋」さんの
キャンペーンに当たりました!
R0013693.jpg

Made in TSUBAME の特製カレースプーンです。
お店のスプーンよりは丸みのある先端とクビが太目で
カジュアルな印象です。

カトラリーは「Sunao」、「SORI YANAGI」と
Made in TSUBAMEにお気に入りが多いのです。
そういへば、むかしに「セブンイレブン」と雑誌の
「dancyu」のコラボで
パスタフォークが付録でついていたのですが、こちら
もMade in TSUBAME
でした。とてもパスタからみがいいです。

ステンレス製品といえば、新潟ですものね。
梢庵の調理台もそうです。

R0013694.jpg

R0013687.jpg

キャンペーンは、
「グランドマザーカレー」を注文することで参加できます。
3月31日まで。
はずれの場合は5枚集めると
またちがうカレースプーン抽選にチャレンジできるのです。
これがまた新潟の「磨き屋シンジケート」による
ツヤ出しのスプーンで、
写真で見るとお店の形とよく似ています。

すでにはずれ券2枚ですから
あと3回はずれればいいわけですね。
行けるかな。厳しいか。。。

posted by cozue at 21:49| Comment(0) | モノ