2020年09月21日

一生ものとはなんだろう

502764DB-6979-4C71-8042-88B8CBFBDC45-6AFC040C-287A-4467-A2AE-35A92D8EDC81.JPG

何かものを買うときはこれきり、ずっと使い続けるつもりで選ぶようにしています。
なんでもです。初めての一人暮らしで買った食器洗いスポンジであってもそうでした。
なるべく分厚くて丈夫そうなものを買いました。後に早めに買い換えなければ洗剤を
無駄に使うはめに会うと知るのですが、買い物はそれくらいの気合いを込めています。

また、高い買い物は大切にして一生ものにしようと誓います。
スニーカーを履かずに仕舞っておいたら靴底がモロモロになってしまいました。
大切にする意味が違っていました。一生添い遂げられそうなものは大変少ないものです。

いろいろ失敗してきて買い物についてはより慎重になっています。
そんなこの頃、掃除、整理整頓、金銭的観点から買い物はしないに越したことは
ないという結論を出す前に長年欲しかった本つげの櫛を手に入れました。

夜シャンプー後にバサバサと髪を乾かして、朝はブラシでざっと梳かすだけでなんとなく
おさまっていたのですが、このところはそうもいかなくなってしまいました。

これこそが一生ものだ、ランニングコストからすればそう高い買い物ではないはずと、
謎の分析を言い聞かせて誰も背中を押してくれずともすっと買ってしまいました。

そのうえ、ヘッドスパに何回か行けば元は取れると粗い見積もりを出して
目の粗いブラシまで買ってしまいまいました。結果、よくまとまるのです。
静電気がおきずにまとめ髪の櫛目がきれいにつきます。ブラシも刺激は少々
痛いけれどよい髪が育つ気がします。ルーティンの楽しみにさえなっています。

それなのになぜ「買ってしまった」となるのか。

それは、職人さんの仕事を引き継いでしまったと気づいたからなのです。

職人さん仕上げたものは実は完成形ではなく、使い続け、メンテナンスを
続け完成するものだと。

毎日髪を梳かせたあとは櫛目を掃除します。
たまに椿油を塗らなくてはなりません。
それくらいのことといえばそうなのですが、他の材質であればなにもして
こなかったことです。
包丁も使ったら研ぐ、靴も履いたらブラシをかけるなど当たり前に
ケアしています。

長くつきあう道具は須くお手入れがセットになっています。

楽をして望む結果を得るための道具であるはずが、
使う側がお世話をさせていただく新たな濃い関係にして長い付き合いになる
予感がするものを「一生もの」と呼ぶのだと思います。
「一生もの」は、購買欲を収める口実のおまじないではないのです。
posted by cozue at 21:52| モノ

2020年04月03日

復刻版アサヒシューズ 

DSCF2154.jpeg


ちょっと自慢してよかですか。

白キャンパスのスニーカーを探していたところ
福岡のシューズメーカー『アサヒシューズ』さんの
オリンピック聖火ランナーが履いたランニングシューズの
復刻版が4/1にちょうど発売されたタイミング
で購入しました。
オリンピックが盛り下がってしまっても商品自体が素敵なので
その辺のストーリーはあまり気にしません。

DSCF2149.jpeg

アナログスニーカー中のアナログなところが
素敵です。
なんといっても底の黒!
これが横からみるとかわいいのです。

DSCF2143.jpg


企画の方にお話しをうかがったところ、
このセパレートした黒いゴム底貼りは通常1回で済むところ
2回必要なため非効率なのだそうです。
このほうがお客さんにはいいではないか。の道理を優先させるあたり
梢庵のどうしても生産性の低く
なってしまう状況と重なり
親近感が湧いてきます。

『アサヒシューズ』さんは、1892年創業。仕立物屋さんから始まりまた。
なんでも地下足袋(ちかたびと読むそうです)
はアサヒシューズさん発祥とのこと。炭鉱で働く方のために開発したのだそうです。
(同じ久留米のブリジストンさん説もあり)

ただ、タグが昔と違うのです。正直昔の方が好みです。元は黒地に黄色の筆記体。
ドクターマーチンのようで引き締まってかっこよかったです。

DSCF2142.jpg


そのあたり恐れずに尋ねましたところ、時代が変わりエコな薬品を
使うことでキャンパス地が染まってしまうのだそうです。(??)

次は、地下足袋式の親指切り込みだとどうなのかな。かっこいいと思うのです。。。
この際、オリンピック縛りを一旦、
解きましょう。
良いものは復活させ発展させればいいですよね。

まだまだ走り続ける『アサヒシューズ』さん、
これからもよろしくお願いします。

ともかく、こちらのスニーカーでどんどん街中を歩ける日が来ますように。







posted by cozue at 15:36| モノ

2020年03月16日

包丁を研ぎのメンテナンスに出してよかったです

2049包丁.jpg


包丁を研ぎのメンテナンスに
出してよかったです
両刃の三徳とペティです。

20年近く手づから研いで2年に一度メンテに
出すようにしていたのですが、
手で研ぐ職人さんが
いらっしゃらなくて、
機械研ぎならば自分で研いだほうが
よかったのです。


三徳は、刃は出ているのに切りにくい事象に
困っていました。
(ペティは問題ありませんでした。)
ようやく出会えた手で研いでくれる
職人さんに、使う目的や日ごろのメンテなど
カウンセリングの後、研いでいただきました。

二段刃の切刃が見事な鏡面仕上げで、
エステから帰ってきた
お肌のように見違えました。

三徳は丈夫な分厚いつくりで
刃先だけが細くなっており、
例えば大根を切ると、
クイっと刃は入るものの抜けるのに
キュッキュッと下まで降りるのに
力と時間がかかりました。

そこで、「肉抜き」という聞きなれない
技法を使いましょう。とのご提案。
分厚いお腹の部分を薄くして
切り抜けやすいようにすることで、
極端に寝かせて研ぐのです。

2046包丁.jpg

↑わかりにくいのですが、刃先の上の黒いのが鏡面の部分です。

これは時間も技術も必要です。動画で見てもできっこないのです。

二段刃の仕上がりで丈夫です。(刃先が長持ちします)
これからは仕上げ砥で角度を保つか、少し立てて研ぐとよいとアドバイスをいただきました。

ペティは、もともと小さめなので細かいフルーツ細工ができるようにお願いし
切っ先全体を鏡面に仕上げていただきました。

職人さんから「一生使えますよ」。と言われると包丁のつくりのことだけでなく、
今までのわたくしの扱い方、手入れも肯定されたようでとても嬉しくなりました。

近いうちに反対にスパスパッと切れる薄めの
直刃(すぐは)の三徳を
購入しようと思います。
菜切や中華、和包丁各種持ってはいるの
ですが、作業が膨大、特殊な食材などに
に活用します。

普段は、三徳を2本で六徳(+ペティ)を
ゆるくメンテナンスするくらいが
作業的にも気持ち的にも負担が
なくてよさそうですね。
生意気申しますと、
職人さんも普段はそういう使い方をされているとのこと。
味方をつけたようで、
さらに嬉しくなりました。
posted by cozue at 15:20| モノ