2014年07月30日

イラン映画「The Painting Pool」邦題「絵の中の池」

先日、「アジアフォーカス 福岡国際映画祭」の記者発表会に行って参りました。

特別試写されたのが、イラン映画「絵の中の池」です。

映画祭では、もちろん上映されますが、日本での本公開は確認できませんでした。

是非、映画祭で鑑賞いただきたい、オススメの映画です。

この映画は、現代のイランの家族の姿が丁寧に描かれています。

軽度の知的障害のある若い夫婦に大切に育てられた小学生(と思う)坊やが、
ちょっとしたきっかけで家出をして、友達の家に居候します。

いつも同じ料理がいやだと言っていた、坊やのために食べたがっていた料理を
作り、帰りを待ちます。

坊やは、お友達の家の料理よりお母さんの料理が美味しいことに心が揺れます。

そんな中、突然の経済制裁。。。
紛争など関係ない庶民は、政治の事情に巻き込まれます。

普通なら軽々と出来ることが、障害のある両親にとっては、仕事や学問、
コミュニケーションが困難であることが多いのです。

それをことさら強調し、泣かせ所を作らないところが、特によかったです。

家族を思う気持ちは同じ、平和を望む気持ちも同じだと改めて感じ入りました。

え?本格的イタリアン(!!)な、とびきりかわいい料理が登場します。


「アジアフォーカス 福岡国際映画祭」
は、9/12〜21福岡で開催です。

posted by cozue at 20:03| Comment(0) | 映画