2020年05月06日

新装開店につきまして

1DE26DED-5534-44B8-BA28-D9A1D2C8C3B4.JPG

梢庵の扉を開け、広がる景色は約1年前とは、全くちがいました。

上の写真は令和2年4月5日に新しい梢庵の玄関前から撮影しました。

向いの桜の元にはベンチもあります。
お客様にはお花見しながら、ちゃいやマフィン、菓子を召し上がっていただけたらなどと夢想していました。

令和2年5月6日で前店舗閉店からちょうど1年が経ちました。

4月中旬には新装開店のはずでした。

外装、内装も完了し、新たにつくりたての『ジンジャーちゃい』などのドリンク類
ご提供サービスの準備も整いました。

なのに、お披露目できずに申し訳ありません。

梢庵はテイクアウト専門の店舗です。
休業を要請される業種ではありません。ですが休業しておりますのは、
総合的に判断してなのですが、大きな理由はお客様に不要不急の外出を誘発する
ことにつながるのではないかとの懸念です。店舗での対策は万全であったとしても
道中のリスクもあると思います。

新店舗は以前と比べると大変広く、密にならない配慮が可能です。
ご入店いただけるお客様は3名ずつ、メニューは少なく決めてなど
シミュレーションをしてみました。

大丈夫、最小接触でご案内できそう。

閉店から一年後の5月6日オープンに切り替えるべくご購入のご案内シートを
作成するなど具体的に進めていました。

そこへ5月4日に緊急事態宣言延長が発表されました。

うすうす解除は難しいと思いつつ、まあそれでも決めていた対策を万全にして
臨めばよいのではないかと4日までは考えていました。

しかし、“なにか”がちがう。

周囲からもなにもわざわざこの時期にオープンしなくていいのでは?
と言われました。
開店というものは、概ねよかったねと言われるものです。
それが、祝う気持ちなく心配されるというか理解されない、
節目にこだわった意地だけのオープンとなってしまうところでした。

周囲の意見をいつも聞く気はないのですが、これがお客様からのお声がけ
だとしたら素直に聞くものです。
直にはおっしゃらないとは思います。
ただ、行かないだけ。世の中が元どおりになったとしても理解できない
場所に足が向くことはない。

それが頭から離れなかった“なにか”の答えでした。

今、外出を控えていらっしゃるお客様に対して
「どうぞいらっしゃい!」とは、どうしてもちぐはぐです。

では、何と言えばいいのでしょう。

やはり「落ち着いたらゆっくりいらしてください。」と申し上げます。

落ち着いたらというのは、何であるのかまた考えなくてはいけません。
この事態は、1年は続くとも言われています。1ヶ月後の世の様子を
検討するのも無駄に思える五里霧中です。

その中、腹を決め霧に目を凝らし、少しずつ進むということになります。

新たに遠方のお客様のために通信販売の準備も進めております。
どこまでご希望にお応えできるか知れませんが工房、店舗のリズムを整え、
また時勢に合ったタイミングでお届けします。

梢庵は、間もなく必ず新たなかたちで開店いたします。

皆さまそれぞれのお立場で大変なことがおありかと存じます。

どうぞご健康にお気をつけてください。
posted by cozue at 00:37| 工房

2020年04月03日

復刻版アサヒシューズ 

DSCF2154.jpeg


ちょっと自慢してよかですか。

白キャンパスのスニーカーを探していたところ
福岡のシューズメーカー『アサヒシューズ』さんの
オリンピック聖火ランナーが履いたランニングシューズの
復刻版が4/1にちょうど発売されたタイミング
で購入しました。
オリンピックが盛り下がってしまっても商品自体が素敵なので
その辺のストーリーはあまり気にしません。

DSCF2149.jpeg

アナログスニーカー中のアナログなところが
素敵です。
なんといっても底の黒!
これが横からみるとかわいいのです。

DSCF2143.jpg


企画の方にお話しをうかがったところ、
このセパレートした黒いゴム底貼りは通常1回で済むところ
2回必要なため非効率なのだそうです。
このほうがお客さんにはいいではないか。の道理を優先させるあたり
梢庵のどうしても生産性の低く
なってしまう状況と重なり
親近感が湧いてきます。

『アサヒシューズ』さんは、1892年創業。仕立物屋さんから始まりまた。
なんでも地下足袋(ちかたびと読むそうです)
はアサヒシューズさん発祥とのこと。炭鉱で働く方のために開発したのだそうです。
(同じ久留米のブリジストンさん説もあり)

ただ、タグが昔と違うのです。正直昔の方が好みです。元は黒地に黄色の筆記体。
ドクターマーチンのようで引き締まってかっこよかったです。

DSCF2142.jpg


そのあたり恐れずに尋ねましたところ、時代が変わりエコな薬品を
使うことでキャンパス地が染まってしまうのだそうです。(??)

次は、地下足袋式の親指切り込みだとどうなのかな。かっこいいと思うのです。。。
この際、オリンピック縛りを一旦、
解きましょう。
良いものは復活させ発展させればいいですよね。

まだまだ走り続ける『アサヒシューズ』さん、
これからもよろしくお願いします。

ともかく、こちらのスニーカーでどんどん街中を歩ける日が来ますように。







posted by cozue at 15:36| モノ

2020年03月18日

パン工房暁さん閉店 当たりを失うことについて

いつも電話を入れ名前を告げるだけで、
パンドミー4枚切りを予約できていた
『パン工房暁』さんが2020年3月10日閉店なさいました。

12年間ありがとうございました。

居住や長期滞在先の海外、勤務先の近くには
必ず美味しいパン屋さんを見つけて
通ったものですが、パン工房暁さんのパンドミーは
わたくしの知る限り最高でした。

トーストが身上。山形の耳に表面の気泡は大きく弾力強め。

耳がザクザクしてカリッとした中は
ほかほかもっちちりしっとり。
小麦の香りが立ちのぼります。
切れ目を入れて無塩バターを乗せ、
焼けた後、溶けたバターの上にさらに
バターひとかけと粗挽きの岩塩をふりかけます。

分厚くなくては中と外の食感の
コントラストは発揮されません。

流行りの生食パンには目もくれず、
食パンは”暁のパンドミー”、
サンドイッチは”暁の角食パン”
と決めていました。

身勝手な絶対の美味しさの要求でした。

いつでもあるわけではないこと、
今日できたことは明日できなくなっているかも
しれないということをコロナウィルス関連で
世の中の当たり前が消えいっている今、
身を以て実感しました。

どうして、冷凍まで食べきってから
買いにいこうとしていたのか。悔やまれます。
いつでも食べられるものとタカを
くくっていました。

奥様の姿が年明けから見えないことが多く
気になっていました。

どんなご事情かわかりませんが、
きっとご主人は、
開店と閉店の大きく違う現実の境の汽水域の時期に、
今日も作れた、明日大丈夫かと、
当たり前を失うことを気にしながら
わたしたちに当たり前を装い、
当たり前の安心を提供くださっていました。

どうしても感謝の気持ちを伝えたくなり
ブログをしたためました。

折しも本日、オーブンなどの機器類を
運び出すところに遭遇しました。
スーパーに行っても代用の
パンを買う気になりませんでした。

しばらくモーニングルーティンは
定まりそうにありません。




posted by cozue at 14:42| 日記