2020年02月23日

スターバックスサクラ水筒とBRUNOサクラ水筒

E49BB7B4-39F2-401B-9C78-06F536A7EAFD.JPG

10本ほど水筒を持っているのですが、ここでスターバックスさんのいくつかの
サクラシリーズの記念写真。手前が今年発売されたリユーザブルカップです。
(うしろで桜の柄がないものはすぐにシールが剥がれました)
リユーザブルカップは、ようやくスターバックス店舗で買えるようになりました。

350円と水筒の約10分の1の価格は、サスティナブルな活動のハードルを下げてくれています。
店舗で前に並んでいた方は、プレゼントとして購入していらっしゃいました。
ただ、このカップは蓋が閉まりにくく(ちゃんと締めればこぼれないから慣れです)、
飲み口は開いたままなので持ち運びは手持ちとなります。

90227759-ECD5-4995-99C5-52F872ED4107.JPG

今年のサクラ水筒は、BRUNOさんの淡いピンクのコップつきを購入しました。
お花見が楽しみです。

外出先でもできるだけペットボトルや紙カップは避けたいと思っています。
エコのため、街がきれいに保つためというのは結果ですが、まずゴミ箱がありませんよね。

慣れた手触り、口触りなどは安心に繋がり、好みのドリンクでのリラックスが増すような気がいたします。
【モノの最新記事】
posted by cozue at 22:03| モノ

2019年11月07日

生アールグレイの香り

ベルガモット.JPG


アールグレイは通常ベルガモットの香料がつけられた紅茶です。
様々な種類が発売されていますよね。
店主のお気に入りはマリアージュフレールの「アールグレイインペリアル」です。
銀座オープン当初から飲んでいます。

その後クスミティの燻製「スモーキーアールグレイ」に出会い虜になりました。
この二つしかアールグレイは認めぬというがんこな博多っ子でした。

ところが、宗像っ子になってはじめて生のアールグレイを飲み、
“生もあり“と思うに至りました。

柑橘の何が大切って、それは皮の香りです。
果汁の香りの何倍も強烈な個性を発揮してくれますよね。

日本料理の先生は「ゆずの果汁なんて白ネギの青いところと同じだ」
という意味のことをおっしゃっていましたっけ。

話は戻って、生のアールグレイ。
佐賀ではベルガモットが栽培されているということで、生の果実を手に入れ
皮をそのまま入れてみました。おそらく香りの抽出も早そうでそのままつけて
おくとえぐくなりそうなため紅茶抽出と同じ時間浸しました。
結果、正解!

えぐみなくさわやかな柑橘、レモンティのような酸味もなくただ香りだけ。
味は紅茶。
ただ、これをアールグレイといっていいのかな。
香料としてのベルガモットに馴染んでしまった脳がベルガモットの
生の皮はから”アールグレイ紅茶”に変換してくれないのです。
この紅茶のタイトル「生アールグレイ」と呼び、別物として楽しみます。

最近、国産レモンの収穫を待たずに秋に青レモンと称するものがスーパーで見かけます。
これはレモン特有の香りがしません。

ですが、皮を浸すと「生アールグレイ」に近い香りが楽しめます。
もちろん「レモンティ」として輪切りにしても美味。
果汁もやはりレモンの個性はまだで柑橘、シトラスというざっくりした印象のみです。
でもそれはそれでよいのです。
どんな茶葉に合わせるかが楽しい悩みどころです。個性はあなたが与えればいい。

生のベルガモットや国産の青レモンに似合う茶葉としては、渋みを抑えて
華やかな香りのディンブラなんかいかがでしょう。

(紅茶ポットの写真が行方不明になり掲載できませんでした。)
posted by cozue at 21:55| 材料

2019年10月14日

ニューオープンについてお待たせいたしております。

74B1E801-388D-49B0-B0C1-384D9DD3C6CD.JPG

5月に渡辺通の工房を閉じてから6月引っ越しと7月中旬より店舗づくりをはじめ
おおよそ店舗の体裁は整ってまいりました。
“秋のオープン“とふんわりしたインフォメーションからずいぶんと
お待たせいたしております。

梢庵の畑や庭のこと、店主の周辺、店舗の
チラ見せばかりの写真アップで心苦しい限りです。
「こんなのできました!みなさん来てくださーい!」と早く言いたいのです。

ということで、ニューオープンの前に
工房と店舗の概要を少しお話しさせてください。

工房と店舗は、宗像市に移転いたしました。
JR鹿児島本線の東郷駅の近くの国道沿い路面店です。以前の店舗と違い、
ものすごく目立つ(はず)外観です。工房の規模は変わらないのですが、
店舗が広くなりました。そこで、スタイルを少し変更いたします。
主に2つの新しい試みがございます。

まずは、店舗内にカウンターを設け
テイクアウトドリンクの販売。
 
やはり「チャイ」ですね。
「チャイスパイス」を販売しておりましたが、加えて、
店主手ずからお客様にご提供いたします。
そのほかのお飲み物は試作中です。
(尚、タピオカの予定はございません。)

もうひとつは、料理教室やワークショップの開催です。
以前より「スパイス」の使い方、「チャイ」など料理教室の
リクエストをいただいておりました。
何がしか実施いたします。

企画が頭の中にたくさんあります。随時取り出してまいりますね。
たくさんの方にご利用いただけるように体制を整えています。

菓子についてもオープン前だからこそできる試作、手作りの材料、
手作りの写真、手作りのHP、畑の新鮮な食材も取り入れた何かを考案中です。

相変わらずワンオペでうーむと考えたり、うろうろしたり、頭を抱えたり
奔走したりして日々を過ごしております。

オープンして走りながら新しい試みを実施していくのは常なれど、
今開けてしまうと、目の前のToDoに忙殺されることは明らかです。
ある程度の基礎を全て揃えてからお披露目いたしたく、
温かい眼差しで見守っていただければ幸いです。

たまの店主のつぶやきや写真が、梢庵に直接関係なさげな場合も
ございますことをお許しください。
posted by cozue at 16:53| 工房